税理士に相続相談をしてやってくれること

Pocket

相続相談ができる専門家の1人として挙げられるのが税理士です。税理士は税金に関する知識が豊富にある専門家で、相続だけでなく確定申告や企業の経理としても活躍する人もいます。税理士に相続相談ができる内容の一つは相続税対策です

税理士相続税対策をすれば相続税の支払い負担を下げられます。相続税は相続する遺産が多ければ多いほど高くなります。遺産が多ければ数百万から数千万の相続税の支払いを要求されるケースもあります。できるだけ税金にかかるお金をおさえたいと考える人も多いですが、税理士では相続相談で相続税対策に関してアドバイスを頂くことができます。例えば暦年贈与制度を活用することや、贈与税の配偶者控除の活用などです。このような制度を利用することで相続税対策を生前から行えるのでできるだけ相続税の支払いを少なくしたい方はアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

税理士では相続税の申告をしてもらうことができます。相続税を申告するためにはまず資産価値の算出やそれに合わせた相続税の金額を算定しなければなりません。相続税に詳しくない人でも調べながら算定できますが、もし万が一相続税の金額を謝ると税務調査をしなければならなかったり、多く相続税を払いすぎてしまうリスクが高くなるので、これらのリスクを軽減するために税理士を利用する人もいます。

admin