故郷の相続相談について

Pocket

家故郷の実家のご両親がお亡くなりになり、その遺産を相続しなければならない人もいるでしょう。故郷の実家がアパートではなくご両親名義の一軒家であれば、その不動産は相続しなければならない遺産の一つです。また、畑や田んぼなども所有している人もいるので、これらの土地も法定相続人で分割して遺産を分けることになります。

相続をする前にやるべきことはたくさんあります。例えば死亡届の提出です。ご両親がお亡くなりになったら死亡届を役所に提出するのが一般的です。死亡届だけでなく、葬儀を行います。一般葬や家族葬など現在では葬儀の種類は豊富で、喪主は複数の種類の中から適切な葬儀を選択することになります。

葬儀を終えたら生命保険や遺族年金の手続きなどをします。その後に遺言書の確認をして相続人調査や遺産分割協議をします。更に、遺産が分割できて相続をしたら相続税を支払うことになります。このように相続前から相続が完了するまでやるべきことがたくさんあるので、故郷の遺産を相続する必要がある人の中には手続きのやり方や分割協議の進め方などに不安を抱く人は少なくないでしょう。特に相続税の支払いに関しては初めて行うという方も多くいます。

日本では相続に不安を抱える方にサポートしてくれる専門家がいます。そのため専門家に相続相談をすれば申告手続きや税金の支払いの際にサポートを受けることができます。そこで今回は故郷の相続相談について紹介します。

admin